ホーム > 学生・研究員募集

田中・辻研究室では、一緒に研究活動を行って頂ける博士前期・後期課程学生や博士研究員を募集しています。
我々のグループでは、混相流の中でも特に固体粒子が関連するいわゆる固気混相流・固液混相流や、粒子群の流動現象である粒子流(granular flow)を主に対象として研究を行っております。

これらの流れは、粒子-周囲流体間や粒子-粒子間、粒子-壁間の相互作用効果により、通常の気体や液体のみの単相流れとは大きく異なる大変複雑な振る舞いを見せ、物理的に大変興味深いです。また、これらの流れは実際の各種産業プロセスにおいて広く見られ、その振る舞いを知ることは工学的に大変重要です。

我々は数値シミュレーションや実験的な手法を駆使して、研究を行っていますが、現象自体が大変複雑なため、まだまだ解決されていない問題が数多く存在します。この種の流れでは、流れ中に存在する粒子の濃度に依存してその振る舞いが大きく変化することが知られていますが、本研究室では、特に中・高濃度系の数値シミュレーションを得意としており、世界に先駆けてモデル開発を行ってきた実績があります。

並列コンピュータや可視化用ワークステーションなどの計算機資源、核磁気共鳴画像計測装置(MRI)、位相ドップラー流速計、粒子画像速度計測計、赤外線サーモグラフィなどに代表される実験設備など、研究を実施するには大変恵まれた環境を当研究室は維持しています。

ガッツがある皆さんの応募をお待ちしております。一緒に研究しましょう!
なお、博士前期・後期課程共に、大阪大学大学院へ入学して頂く必要があります。
随時、研究室見学を受け付けておりますので、ご興味がある方は、田中教授(tanaka atmark mech.eng.osaka-u.ac.jp) もしくは、辻准教授(tak_atmark_ mech.eng.osaka-u.ac.jp)まで一度ご連絡ください。

 

 

TO TOP